マペトが選ぶ 2019年個人的年間ベスト

今年は断捨離と消費を繰り返し、その率が徐々に狭くなってきた。

そして今年はかなりライヴをやったし、自主企画も多い、大変だった。あまり平和を想う様な余裕は今くらいじゃないだろうか?マア、いい。とにかく毎年毎年全力でいく、来年はもっとライヴは増やすがストリーミングでいいアルバム作ったから、あと去年に負けない作品量とセッションをやっていたので30歳になるのに後悔はない。

やることをやる。

DJ Krushモデルのミキサーをゲットした影響、トランペットを少し体得した影響、 machineからMPCLIVEをメインシーケンサーに変えた影響かどうしてもビートの話になる。

西好きにとってDJプレミアの存在は、自身のビートアプローチと向き合う中で、ループ感覚というよりネタの切り方参考にさせてもらった。ピートロック、Jディラ、MF DOOM RAS G あたりもかなり聴いた。来年はウータンのソロをもっと集めたい。

ギャングスタラップが大好きです。エレクトロニカも好きですが、ヒップホップの二枚使い→808やコラージュ的とも言えるサンプリング感覚→NY派のサンプリングとここで一度黒さでプレミアはヒップホップに思想としてのサンプリングを定義した様に思います。

 それとは別でIDMエレクトロニカという流れのなかで、レイハラカミ、サーフ、などのポップス寄りのエレクトロニカ、オーガニックな感覚に自分はついていけず、自分は曲のBPMを下げていくことになります。LAビートにやられました。そんで今。

フライングロータスがJAZZに接近した、否フライングロータスが接近したものっていうのはスピリチュアルジャズフュージョンR&Bの融合で、そこに迎合した現代ジャズには、ビバップの時代やフリージャズ、エレクトリックマイルス。そこらへんの熱い人達のやってた人よりは思ったよりロックできてない。だいぶ遅れている。という感覚を持ちます。

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207141828j:plain


フライングロータスはやっぱりコズモグランマまでは一生聴いていくミュージシャンですが、今年のFlamagraについてはこの作品ではヘッドハンターズの様なもので、初期のドープにこだわる姿勢からは後退してしまった印象を受けてしまいます。しかし作品の普遍性という意味では今年の作品の中でも熱い作品だったなあと思います。やはり余白がないと書道ではないということですかね。ビート気持ちいいんだけどなあ・・でも通して聴いちゃったよ笑気持ちいいアルバムですね。

 

One Of The Best Yet Gang Starrとこれがブッダブランド!に関してはもう本当にこういうのがいい。これがオレの求めていたものだ。と声だかに言いたいです。

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207142918j:plain

この二枚に関しては説明不要でしょうか笑

相方の遺骨を持ち込んでスタジオで買い取ったアカペラで超豪華ゲスト陣でかつ媚びない。個人的にはトライブのラストアルバムより好きですね。あれもまた名作ですがこの内容をギャングスター名義で・・プレミアは深化してます。

アルバムまでブッダ行かなかったのは残念ですがここら辺の再評価の意義があります。けっきょくヒップホップはブームになったけど、当然荒もみえてくるんですよね。CQのソロアルバムも楽しみ。

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207145459j:plain

 

イルマザファキシ!!!!!!!!

 

MAN MAN 志人と440の降神君は太陽の完成系なども日本語ラップよかったもの。 Shing2はもはや内容いいのにバズらないですね。攻めた曲があればなあ。Applemusic貼っておきます画像はMAN MAN

https://music.apple.com/jp/album/246911/1457554301

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207151200j:plain

 

 

JESUS IS KING Kanye West これは始まりに過ぎないぽいですが既に名作です。ストリーミングしかないのでみんな聴いてみよう。天才です笑

良いものは良いし、今年のグラミーはカニエでいいでしょ笑出すたびに良くなってる。JB、マイルス、プリンスの様な男ですね。革命家です。

 

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207152319j:plain

9 LIL KIM

これはよく日本盤が出たなというか・・熟女すきにはたまらないですが。Go Awffは名曲ですね。個人的にはスターなので(90年代USフィメールでは一番好き)やっぱネイキッドの後にこれだと・・とおもうところはありますが、ビートは結構面白いです。それでも普通に乗るのはリルキムのリルキムたる、ウン、マア、ノートリアスキム。CIARAの新作も良かったなあ。純粋にEDMじゃないダンサブルなR&B。ニッキーの引退は痛い・・今ミックステープをきいています。。

 

ロックだと

60年代ばっか聴いてました。ジミヘンが一番かな、あと70年代から80年代後半のストーンズは素晴らしいとか思ってました。プリンスもロックスターという意味では再発含めブックオフに名盤がたくさん落ちてるし笑 聴きに聴きました。オリジナルズよりパープルレインの再発の方が全然ハマりますね。ジミとかクリームとかいるのにゼッペリンがデビューしてもなあ・・という当時の評価もなんとなく理解できました。

 

 

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207153448j:plain

この作品については帝王好きとしては素直に喜べないですよね?これは日本盤のライナー参照なんですが、当時のメンバーが現代にでも聴けるマイルスにミックスやオーヴァーダブをしていったそうです。グラスパーとマイルスもゴミだったけど、マイルスの再発のアーティストなんてストーンズスロウのナレッジみたいな奴が適任なんですよ。マイルスが自伝やその他文献で語っていた”ストリート向け”なサウンドではないです。強いて言えば最後の一番飾りないヴァージョンのために買うのはアリでしょう。

しかし、お蔵入りになった後のTUTUの続編と考えれば、帝王も納得してくれるかな?ちなみに音はめちゃめちゃモダンなミックスと言えましょう。

 

The Nothing Korn Fear lnoculum Tool ここら辺はトゥールは名作認定されているので置いておいて。

コーンはクソ名盤です無題以外のコーンの作品が全て名作だ!というオレの感覚でものを言ってますが録音が前作から大分良くなっているし、それでいて、コーン独特の鳴りを虚飾もなく、ユニゾンで隙間の比較的多いリフでごり押しする感じ。

ノットフェス行きたいなあ。マンソンもくるし。ああスリップノットはストリーミングで聴いたけど大分残念でしたね。そもそも彼らは特殊な編成を売りにしたサウンドをできていたのって1枚目だけなんでまあ仕方ないとしよう。

 

日本でもっと激しいサウンドを出している人がいますよ

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207155207j:plain

この人の伸び白は無限大ですね。トラブルがなければ5年後チケット取るの大変になりますよ。なんとなくハジメPも含めめちゃめちゃ貪欲ですよね。そういうところが面白いです。サウンドも統一感はないんですが、曲も書くし、リュウキュウディスコの人とか起用が以外です。 EDMも取り入れたと書いてありましたが、ダブステップの割とテクノライクな音色で、そこはさすがです。歌はめちゃめちゃ上手いですが流行におもねらない、オリジナリティのあるオタマのあるアンビエントも取り入れていて、まあ使う機材によってサウンドって変わるもので、同じシーケンサーをずっと使ってる、AIRAシリーズだと思うんですが(テクノむけ)、そこが信頼できます。

ワープ30周年ですが自分は808の新作がよかったです。

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207161911j:plain

一曲目試聴して一発でやられました。電気グルーヴの30も今年ですね。ここはルーツですね。

電気の新作はリメイクとライヴでやっていた曲のリエデットが中心ですが、ビート軽めでベースで押してくスタイルとお馴染み曲をかなり踊れるスタイルに開放してた様な印象があります。瀧のことがあったんで聴けなかった時期もあったんですが、30周年で一番モダンな感じを出してくるあたりは、本当に卓球は天才だなと思います。ベースすらルートを追わないで歌うスタイルは正直一番影響受けたのかな。逆に志人がベースのリフだけのトラックでメロディを作ってしまう天才です。

 

そう言えばダンジョンが続いているのとルポ川崎などやストリートファッションがまた人気になってきて今年の春アディダスの黒上下買いました。夏はビーサン、これZEEBRAイズム。アディダスでいえばカニエコラボのシューズプレミアついてて買えませんねえ。。スニーカーもう一足と思っていたので。冬はディオラートとセクポで昔買ったものとストリートぽいのを合わせて着る。っていうか着てます。あ、でも春ブラックスモーカーのパーカーはゲトりましたね。気に入ってます。

NEW ERAとTHA BLUE HERBのコラボキャップは売り切れでした。。年末彼らの周りの人たちのパーティ行くんですよ。

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207163656j:plain

これがMV解禁で結局会場限定シングルになる。ライヴDVDもおまけについてきてインスト版もついて2枚組客演なし150分此の世で最も自分の音楽を見切りつつ追求し、自分でもDVDも観て、観にいったラッパーの一分も思い出しながら、リリックは BOSSの中でファーストで札幌に本物がいるという東京中心な日本のヒップホップを弧墳したファースト、マミーDとのビーフバチバチで解体されたサンプリングコラージュビートと、闘うための哲学を語るセカンド。

ここからボスはもうオレらとはお前らを含めたオレらになった決意。ライフストーリーからトータル、ソロ ミックスで総括して新章にして振り返り、時には初期衝動なんてとっくにないと狼狽する BOSSに終わりかな、と思わせすらする。(行けなかった)野音

それまでとこれからを綴った超大作だ。ビートはできる限り同じプリセットでプログラミングされている様に思える。エレクトロンなどのキンキンしたビートではなくオールドスクールなビート。低音出てないのでビンテージですか?それともMPCXで弄ったのかな?そこに強烈なベースがコードを作り和音すら作り上げていく ONO。DYEのカットはさんぴん跨ぎバトルブームを乗り越えた男のブルースになり、誰かのためにうたった歌だったり。これしかない。以上!!!

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20191207165147j:plain

オレも来年は元々ミックスメディアと思って作ってきた庭はドンドン他のジャンルにも発信していきます。地道に足元固めて、浮ついても帰ってくる場所があればオッケーだ。フォローミー。

墓にクソ

金、出世立身をしたい。しかし、これは青天井のものではない。

それはだいたい誰でも自覚しないと破滅する。オレはマネーの虎YouTubeで観て少し学んだ。

大義のために散らす桜それも良かろう。ただ、そこじゃねえ。もっと素晴らしい景色をみせてやりてぇ。ここから先は天国も地獄もクソもない。散り際は闘って散っても構わない。現にこの前の飛びで自分に死を突きつけたけど怖くなんてなかった。後悔が待ってるのは間違い無いけどね。。

 

最近曲を作って練習してあとは読書してる。音楽も気持ちよく聴こえてくるものだ。

 

田崎健太著 真説・長州力

 

これは素晴らしかった。ドーム興行を打ちまくってるイケイケの長州とWJの長州。

現場監督の長州が面白い。噛ませ犬、墓にクソ、ナニコラタココラ、など名言をネタ扱いすることは避けていて、前田シュート蹴りの真相もしっかりと前田本人に伺っている。長州力という男を通じて、仕事の了見を学ばせていただいた。プロレスファンの私としては僥倖であります。

 

というわけで明日も事務所兼スタジオで作曲ダァ〜〜コチュジャンが大好きダァ〜〜。

ブーメランと無知の知

先に書いとくけど冗談だからね。

ケツの先までパンピーなことに無自覚な君たちっていう人達を相手にした文章なんだけどさあ。

君たちはオレの生業である音楽に口を出すけどさあ消費者として。

音楽を音楽として捉えてそこにある物語を拾う商売は古い。

純粋にどいつもこいつもオレの気品と知恵をローファイに汚した詩を君たちの毎日センズリする前に聴いてる音楽と比べないでほしいんだよね。

ココが違うからちゃんとオレなりに忖度してあげてるんだよ。

君のサイズに合わせたことはなくても極めて近い距離で5月30日に大宮ヒソミネでオレの調律された機械とスヴァンガリ、つまりマスターが神がかりな祈祷をやる。6月9日にもあるんだよ。想像外の怪物ガメラのあられが。

 

なんかムカつくぜオレはロックスター

吹きやすいYamahaの銀のやつ9万のブツが7万まで安かったので買った。

シンセはオートリア。まるで金持ちになった気分だ。

いけるところまで行くしかない。綺麗事を並べる前に行動だ。

やろうと思えば桜とともに散れる命を、オレは時計と闘う。

なんかムカつくぜオレはロックスター。

明日のことは考えず今に生きる。明日散る桜は今日には淘汰されているだろう。

そうやってホンモノのルネッサンサーはやる。

キングギドラがBGM..

トアルリリック

たゆたう丸々 青々 サブザブ数探す数えるなぞれる
海のような青さに魅かれる焦がれる甘口じゃないアイの道しるべ
如何にもこうにも早めに遠くに近くにありけり
ドコニナニを特になにもいわば大地のしかし地球のその高さハカレぬほどの青喉元
もともとどこにあるのかこの機嫌なおが青にひかれるクビもと引き裂かれる
シマンチュの座り込み沼んちゅの湿地帯遠くて近きは男女の仲
青くて光るは太陽のそらだから歌おうなんてことない歌を
ハレルヤを忘れたさ気がついたころにはミヤゲモノすらも忘れてしまって
気がついたらこの地面はなんと窮屈なのだろう
時間よ忘れてくれ俺をほっといてくれ遠くまで歩こう旅人よどこへ行く俺の脳内でいろいろな人が旅している
それは脳の伝達神経ともいえる伝達神経の博打の大勝負のようなもの
君が見えたときワタシハ消えた君が去っていたとき私はナニモ言わなかった
君の名前は風自然と生きているもの寛容であれ曼珠沙華語り部
うちゅうむちゅうYouTube普通憎しみねたみ勘繰り
怪しげなもの機械なものそれ昔画家が酒飲んで描いたもの奇妙なもの美しいものどれも全て対等だ
と言い切るならばすべて清らかであるようにそういう平等も作ってほしいのど飴
俺たちは何かね忘れてしまったのかね大きなターンをボブデュランがいれば俺もなんとか行くが
目の前に立っているのは老人だっただが

ボブディラン毛利蘭お互いなコナンくん足りないところヲヲ

なんか近頃最近さあ

 比較的最近に作ったビートでフリースタイルを乗っけています。

まあ没ビートですね。

好きなんですけどね、個人的には、作り手としては。

この頃音楽作るのしんどくてマシーンライヴばかりしてましたね。

何気に5月30日大宮ヒソミネでライヴを控えているわけですが、楽しみですね。あと、私が主催の不思議な庭のコンピレーションが発表される寸前で、本当にこのブログどこまで届いているのか不明ですが、見てくれる人は、嬉しいですね。

 

ところで4月22日ライヴだったわけですが、今回、前回落ち度だったパフォーマンスと演奏の折衷がうまくできたわけで、気分がいいですよ。伝わったかなー。伝わってほしい。全ての人にとはいわないけど、ちょいとコイツ熱い奴だなと思ってくれれば嬉しいですね。

 

次のライヴ多分モジュラーとオクタトラックだと思うのですが、バランスが面白いです。モジュラーは。一生遊んでられますね。

人がモジュラーは沼という気持ちにも同意見。合えば話し合う相違点。なんか近頃最近さあ。。

 

 

 

soundcloud.com

志人 / 次元 - 怪譚奇譚「マツゑツタヱ」Temple ATS 2017

f:id:asidsamuraiyahoocojp:20190320140822j:plain


 志人という人は優れた音楽家、MCというところに留まらず、日本の文化の解釈人という印象すら覚える。降神というクルーのメンバーだ。

 リアルタイム世代でないので昔のアヤワスカとかバトルのこととかは他の人に書いてほしい。

 今回紹介する盤は怪譚奇譚「マツゑツタヱ」という志人の作品の中でも一番プリミティブな作品だ。ライヴアルバム。しかも怪談の。

 驚くべきことにテープに落としてSCREWしているので、非常にマクロピッチからあからさまに天と地が逆さになったような気分にさせてくれる。SEもローファイ気味で、実際会場で聴いた感じとは全く違うものにしようという気兼ねが見て取れる。

 村八分や自然の中で感じ取った感覚。様々な模様を、志人らしい神妙でない言うならば音楽の苔を聴いているようなマクロの世界に行ってしまったような雰囲気と例えればいいだろうか。

 志人が暮らしてる半径での怪談という感じであって、実際に体験したことも語られてる。オルガンのようなSEやストーンしそうな(するでしょう笑)次元氏のサウンドは、ソフトマシーンのサードのようなローファイさを兼ね備えていて、また興味深いのはソフトマシーンはジャズロックだけどこの作品は、酩酊感にだけおいて先述したSCREWの手法が使われていてそれがソフトマシーンとは違う差異を感じさせてくれるところだ。

物好きのための作品だが、これが妙に落ち着く。

自分はラジオとか落語が好きなんで、そういう意味においての伝統芸能とウインウインな志人のダークサイドという感じ。聴いて見てください。できれば素面で。